− 研究報告書DB − 
報告書順表示 テーマ別表示 検索画面へ


【テーマ別表示】  ←前を表示  次を表示→  開 く  閉じる

テーマ名研究概要報告書
1
詳細を表示:3次元レーザー加工機の高精度、短時間加工 【副題】金型設計CADデータによ3次元レーザー加工機の高精度、短時間加工 【副題】金型設計CADデータによる3次元レーザー加工
2
詳細を表示:5.5kWCO2レーザーを用いた溶接技術の研究 【副題】純チタン・アルミニウム合金(5.5kWCO2レーザーを用いた溶接技術の研究 【副題】純チタン・アルミニウム合金(A5052)
3
詳細を表示:5.5kWCO2レーザーを用いた溶接技術の研究 【副題】難削材の溶接条件の研究5.5kWCO2レーザーを用いた溶接技術の研究 【副題】難削材の溶接条件の研究
4
詳細を表示:CADデータを利用した製造技術に関する研究CADデータを利用した製造技術に関する研究
5
詳細を表示:CAEの効率的活用に関する研究CAEの効率的活用に関する研究
6
詳細を表示:CAE研究室における技術支援事例CAE研究室における技術支援事例
7
詳細を表示:CATVインターワーキング高速無線LANシステムの研究CATVインターワーキング高速無線LANシステムの研究
8
詳細を表示:cBNエンドミル工具による鉄系材料の鏡面加工cBNエンドミル工具による鉄系材料の鏡面加工
9
詳細を表示:cBNボールエンドミル工具による鉄系材料の鏡面加工(第2報)cBNボールエンドミル工具による鉄系材料の鏡面加工(第2報)
10
詳細を表示:CFRP 成形技術研究会報告CFRP 成形技術研究会報告
11
詳細を表示:CFRP 用高性能ドリルの開発CFRP 用高性能ドリルの開発
12
詳細を表示:CFRP研究会報告CFRP研究会報告
13
詳細を表示:CSP(チップサイズパッケージ)用極小径穴打ち抜き金型の研究CSP(チップサイズパッケージ)用極小径穴打ち抜き金型の研究
14
詳細を表示:CSP(チップサイズパッケージ)用極小径穴打ち抜き金型の研究(第2報)CSP(チップサイズパッケージ)用極小径穴打ち抜き金型の研究(第2報)
15
詳細を表示:C-FRP研究会報告C-FRP研究会報告
16
詳細を表示:DSPの利用技術の研究DSPの利用技術の研究
17
詳細を表示:EMC技術研究会報告EMC技術研究会報告
18
詳細を隠す:EV技術研究会報告EV技術研究会報告
18.1本研究会は,新潟県内の製造業が,EV(電気自動車)関連市場への参入を考えた場合に,どちらの方向を向き,何をすればよいか?のヒントを与えることを目的として,EV関連技術の動向,EV関連業界の動向を把握するために,それらに詳しい講師を招へいし,技術セミナーを合計3回開催した。その際,併せて参加企業に対するアンケートにより,EVに対する意識調査を行った。また,各種セミナー,展示会に参加し,調査を行った。さらに,県内企業におけるEVへの対応,開発状況を把握するために,県内企業の調査を行った。また,昨年の12月には,太陽光発電研究会,排熱利用技術研究会と共同で,「新エネルギーフォーラム2009」にも参画し,EV関連技術の普及啓発を図った。
以上の調査,活動結果を総合し,EVに関して,今後県内企業および工技総研が進むべき方向を検討した。
【詳細】
18.2本報告は,県内の製造業が,EV(電気自動車)関連市場への参入を考えた場合に,どちらの方向を向き,何をすればよいか?のヒントを与えることを目的として活動を行ったEV技術研究会についての活動報告である。
EV技術研究会では,まず,EV関連技術の動向,EV関連業界の動向を把握するために,それらに詳しい講師を招へいし,技術セミナーを合計4回開催した。その際,講演会への参加企業に対するアンケートにより,EVに対する意識調査を行った。また,同じくEV関連の技術,市場動向を把握するために,EVに関連する各種セミナー,展示会に参加し,調査を行った。さらに,県内企業におけるEV関連業界への対応,EV関連開発の状況を把握するために,県内企業の調査を行った。
以上の調査,活動結果を総合し,EVに関連して,今後県内企業および当研究所が進むべき方向を検討した。
【詳細】
18.3EV技術研究会を始めて3年になる。当該事業を開始した平成21年度から,この3年の間においても,様々な出来事があり,EVなど新エネルギーを巡る環境も大きく変化した。本事業開始当初から,地球温暖化対策および石油資源の枯渇による原油価格の不安定性を背景として,自動車の脱石油化が叫ばれていたが,昨年3月に発生した東日本大震災を契機に,新エネルギーおよび再生可能エネルギーへの関心はさらに高まっている。そこで,動く電池としてのEVにも注目が集まっている。そこで,本調査では,自動車としてのEVはもちろんであるが,スマートグリッドやスマートハウスについても,調査を行い,競争的資金獲得への動きを進めながら,それらへの参入可能性についても検討を加えた。【詳細】

←前を表示  次を表示→