研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.28
 

報告書年度:

1999
 

研究種別:

実用研究
 

テーマ名:

チタンのプレス成形技術に関する研究
 

副 題:

純チタンの深絞り加工
 

担当者:

田村 信(県央技術支援センター)
大平 剛(県央技術支援センター)
小林 豊(県央技術支援センター)
 

抄 録:

純チタン1種及び2種の深絞り加工を行い、成形限界と成形品の性状を検討した。また、材料の温度依存性を利用した温間絞り加工についても検討した。その結果、硬質で絞り加工に使用されていない純チタン2種でも、絞り加工に適用できることを確認した。
 

緒 言:

 チタンの需要は年々増加しプレス成形材料としても利用が高まっている。しかし、チタンの絞り加工についての報告は極めて少なく、そのため十分な理解が得られてない。チタンを難加工性と評価する一因となっている。本研究では、純チタンの絞り加工について成形限界と成形品性状について検討した。
 純チタンの深絞り加工では軟質で絞り性の良い1種が使われているが成形時に肌が荒れやすく研磨等の後加工が問題となる。これに対して2種は硬質で伸びが小さく絞り加工には向かないとされているが研磨は容易である。本研究では純チタン1種、2種の深絞り性について円筒深絞り試験を行った。また、材料の温度依存性を利用した温間絞り加工1)についても試験を行った。
 

資 料: