研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.44
 

報告書年度:

2015
 

研究種別:


 

テーマ名:

ガスクロマトグラフによる機能性繊維製品の性能測定,加工剤の定着量評価,各種成分分析技術の確立
 

副 題:


 

担当者:

素材応用技術支援センター 渋谷 恵太
素材応用技術支援センター 明歩谷 英樹
 

抄 録:

近年繊維製品の消臭加工は高性能化が進み,その性能測定において,従来のようなガス検知管により行うことができないガス種,濃度レベルのものが出てきている。また,各種機能性加工において,性能測定だけでなく,加工剤の生地への定着量のデータが求められる場合もあると聞く。他にも,繊維企業以外から製品やその洗浄液の中に含まれる微量成分の分析についての相談が複数寄せられている。
 このような分析ニーズは中小事業者内での解決は困難であり,東京や大阪の分析機関に依頼することも時間や費用の面で困難なのが実情である。地元の公設試験研究機関である当センターにおいて依頼試験や,より望ましくは機器貸付によって自らが手軽に色々行えるような形が実現するならば,費用の面はもちろん,開発力とスピードの面でもメリットは大きい。
本研究では,これら分析ニーズのうちガスクロマトグラフにより行うことが適当と考えられるものについて,分析技術の確立と実施体制の構築を行う。
 

緒 言:


 

資 料:

h26_13.pdfh26_13.pdf(約311.10 Kバイト)