研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.30
 

報告書年度:

2001
 

研究種別:

実用研究
 

テーマ名:

センシング用無線機器の伝送特性の評価研究
 

副 題:


 

担当者:

薄田 十蔵(下越技術支援センター)
長谷川 直樹(〃)
五十嵐 晃(〃)
馬場 大輔(〃)
石井 啓貴(〃)
 

抄 録:

携帯電話や無線LAN等の各種無線機器が急速に普及してきているが,無線機器の実際の伝送特性は周囲の環境に大きく左右され,はっきりと掴めていない実態がある。そこで,SS無線LANでパソコン間を結び,距離や障害物の有無による伝送特性の比較実験を行った。
 

緒 言:

携帯電話やPHSの普及,また屋内においても家庭ではワイヤレス通信,企業では無線LAN等の各種無線機器が急速に普及している。この状況は今後もますます増加するものと考えられる。そのなかで,無線機器の実際の伝送特性は周囲の環境に大きく左右されることからはっきりと掴めていない実態がある。しかし,無線機器を製品化する場合や,無線機器を使用する場合には,機器の実際の特性を十分把握しておくことが不可欠である。また,位置情報と画像などの複合的なセンシングデータについては,各種環境における伝送特性は明らかでない面がある。
そこで,各種センシングデータを無線LANシステムで伝送することを想定して,長距離の場合や障害物がある場合など,実際に様々な環境で使用し,伝送特性を評価する実験を行った。

 

資 料:

実用4−-センシング(無線).pdf(約450.37 Kバイト)