研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.37
 

報告書年度:

2008
 

研究種別:

競争型受託研究
 

テーマ名:

温間対向圧力プレス成形技術の開発
 

副 題:


 

担当者:

白川 正登(研究開発センター)
杉井 伸吾(   〃    )
田村 信 (   〃    )
本田 崇 (   〃    )
 

抄 録:

 温間成形によりプレス成形性が向上するマグネシウム合金板のプレス成形に対して,フッ素ゴム粒体を対向圧力媒体として用いた温間対向圧力成形の適用を試みた。その結果,円筒深絞り成形における成形限界および成形精度の向上に効果があることがわかった。また,圧力媒体として用いるゴム粒体の性能について評価を行い,柔らかいゴムを用い,ゴム表面に潤滑を施すことにより,圧力分布状態の均一化が可能となった。
 

緒 言:

 軽量化,リサイクル性の観点から注目されているマグネシウム合金は,およそ200℃以上の温間加工により大幅に成形性が向上する。一方,複雑な形状のプレス成形を高効率に行う成形法として,ゴムや液体を用いてパンチに対向する圧力を加えてプレス成形を行う対向圧力成形法があり,金型コストの低減や成形限界の向上などの効果が報告されている。マグネシウム合金やアルミニウム合金といった温間成形によりプレス成形性が向上する材料に対して,温間で対向圧力成形法を適用することにより,さらなる成形性の向上や複雑形状の成形が期待されている。温間での対向圧力媒体として,油等の液体を用いることも可能であるが,油煙や高温の油の取り扱いといった作業性の改善や安全対策などの課題を抱えている。
 本研究では,マグネシウム合金圧延板の円筒深絞り成形において,対向圧力を加える媒体にフッ素ゴム粒体を採用し,通常の温間成形と温間での対向圧力成形との成形限界および成形品の精度を比較した。また,ゴム粒体の硬さ,形状,大きさ,潤滑条件を変えて,対向圧力の分布状態について評価を行った。
 

資 料:

温間対向圧力プレス成形技術の開発.pdf(約753.22 Kバイト)