研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.30
 

報告書年度:

2001
 

研究種別:

3県公設試験研究機関共同研究
 

テーマ名:

マグネシウム合金等のリサイクル化の調査研究
 

副 題:


 

担当者:

高野 格(研究開発センター)
白川 正登(〃)
田辺 寛(〃)
折笠 仁志(〃)
 

抄 録:

マグネシウム合金は、軽量等のその優れた機械的特性に加え、リサイクル面の優位性からも非常に注目を浴びている。展伸材を中心としたリサイクルの可能性について健闘するため、マグネシウム合金のリサイクルの現状調査を行うとともに、基礎的な溶解試験、リサイクル圧延板の試作を行った。試作材においては、内部欠陥、表面欠陥が認められ、引張試験特性に不安定さが認められてるものの、その深絞り成形性において、市販材と同等な良好な結果を得た。
 

緒 言:

近年、自動車や携帯情報機器を中心とした各種産業界において需要が高まりつつあるマグネシウム合金は、軽量等のその優れた機械的特性に加え、リサイクル面の優位性からも非常に注目を浴びている。最近、ダイカスト工場から発生する清浄なスクラップについては、新地金レベルに精錬して再利用されているが、市中回収品や切削加工後の切り粉については、リサイクル経路が確立されていないのが実状である。プレス製品や押出製品等の展伸材についても、今後、その需要が期待されているが、それらの製造過程で発生するスクラップおよび製品についても、リサイクルを考えて行かなければならない。
 そこで、展伸材を中心としたリサイクルの可能性について検討を行うため、マグネシウム合金のリサイクルの現状調査を行うとともに、基礎的な溶解試験、リサイクル圧延板の試作を行った。
 

資 料:

3県Mgリサイクル.PDF(約365.08 Kバイト)