研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.28
 

報告書年度:

1999
 

研究種別:

戦略技術開発研究
 

テーマ名:

まいご老人保護システムの開発(第5報)
 

副 題:

固定局と保護移動局の操作性向上
 

担当者:

大野 宏(研究開発センター)
真柄 賢太郎(研究開発センター) 
野中 敏(研究開発センター)
五十嵐 晃(研究開発センター)
 

抄 録:

痴呆性徘徊老人の位置を探索する「まいご老人保護システム」の開発において、家庭に設置し老人の位置を地図上に表示する固定局と、携帯型の保護移動局の開発を行ってきた。ここでは、固定局と保護移動局の操作性向上のための改良と、老人までの距離と方向だけを表示する簡易保護移動局について報告する。
 

緒 言:

平成8年度から、徘徊する老人の位置を探索する「まいご老人保護システム」の開発を行ってきた。
 固定局では徘徊する老人の位置をパソコン上の電子地図上に表示するが、家庭の介護者が操作するため、だれにでも簡単に操作できることが望まれている。今年度も引き続き各種改良を行い、操作性の向上をはかった。また、携帯して老人の位置を地図上に表示できる保護移動局と、老人までの方向と距離だけを表示する簡易保護移動局を製作した。ここでは、固定局と保護移動局の操作性向上のための改良と、簡易保護移動局について報告する。
 

資 料: