研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.38
 

報告書年度:

2009
 

研究種別:

競争型受託研究
 

テーマ名:

温間再絞り成形シミュレーションに関する研究
 

副 題:


 

担当者:

片山 聡(中越技術支援センター)
相田 収平(下越技術支援センター)
杉井 伸吾(研究開発センター)
田村 信(研究開発センター)
 

抄 録:

角筒絞りの工程設計を行う上で、すべり線場理論とシミュレーション技術を組み合わせた手法が有効であることがわかった。
 

緒 言:

角筒絞りの工程設計については,すべり線場理論の有効性が報告されている。しかし,すべり線場理論では成形の可否や板厚変化,加工硬化などが考慮されず,温間絞り成形のように成形条件が多岐にわたる場合,最終的な工程設計には幾度かの試作,実験が必要となる。一方,温間絞り成形については,シミュレーション技術の有効性が報告されているが,これらは実験的研究としての意味合いが強く,再絞りなどの多段成形については言及されていない。また初期工程設計は作業者の経験によるところが大きく,自動化・迅速化への障壁となっている。本研究では両者の利点(すべり線場理論の持つ迅速な初期工程設計,シミュレーション技術の持つ成形予測)を融合させた工程設計手法の有効性を検討するため,角筒温間再絞り成形実験および有限要素法による同解析を実施した。
 

資 料:

温間再絞り成形シミュレーションに関する研究.pdf(約320.60 Kバイト)