研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.31
 

報告書年度:

2002
 

研究種別:

提案公募型技術開発研究
 

テーマ名:

インプロセスモニタリングを用いたYAGレーザー溶接による高信頼性溶接部品生産法
 

副 題:


 

担当者:

中村 奨(長岡工業高等専門学校 電気工学科)
廣井 晃(長岡レーザー技術研究会)
田中 栄策(〃)
伊藤 義郎(長岡技術科学大学 工学部 機械系)

 

抄 録:

健全性の高い,軽量化された溶接部を得ることを目的として,YAGレーザーによるビードオンプレート溶接並びに突き合わせ溶接を実施した。さらに溶接品質の保証技術を確立するために,発光・音響信号による溶接性状のモニタリングを行ったので報告する。
 

緒 言:

自動車用部品であるオイルパンのプラグシール部など溶接を伴う密閉製品の加工においては,リークタイトな溶接部を得るために,従来はMIG溶接により過剰量の溶融金属を接合部に付与することで,安全率を見込んだ生産が行われてきた。しかし,材質の違いや熱膨張係数の差による残留応力などのために,溶接材と本体材料との界面などに割れが入りやすく,加工後の全数検査を必要としていた。
本研究の目的は,局部的に高い熱入力が得られ,溶け込みの深いビードを形成することが可能なYAGレーザー溶接を加工に適用することで,健全性の高い,軽量化された溶接部を得ようとするものである。YAGレーザーは光ファイバー伝送が可能であるためフレキシブルな生産ラインを組むことができる。さらに溶接品質の保証技術を確立するため
に,筆者らがCO 2レーザー溶接において培ってきたプロセスモニタリングの技1−4)をYAGレーザー溶接にも適用し,溶け込み深さなどの溶接性状の評価・判定を試みた5)。
 

資 料:

提案3−インプロセスモニタリング.PDF(約480.81 Kバイト)