研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.32
 

報告書年度:

2003
 

研究種別:

実用研究
 

テーマ名:

IT活用織物企画設計支援システムの開発(第3報)
 

副 題:

見本織機自動制御システムの開発
 

担当者:

大野 宏(素材応用技術支援センター)
牧野 斉(〃)
 

抄 録:

見本織機を制御するドビーを自動的に動作させる装置を開発した。パソコンで動作データを作成できるソフトを開発し、昨年度開発した自動パンチングマシンのデータ作成ソフトに組み込んだ。本装置と自動パンチングマシンを使うことで、織物見本の製作からドビー紋栓カード作成及び実際の織物製造までに要する時間を大幅に短縮することができる。
 

緒 言:

県内織物産地が低価格輸入品に対抗するためには、差別化商品の多品種生産と短納期生産の体制を確立しなければならない。そのため、IT(Information Technology)を活用した織物企画設計の迅速化や生産情報の一元管理が必要となる。
本研究では、見本織機を制御するドビーを自動的に動作させる装置を開発した。実際には、既存の見本織機のフィラーニードルと呼ばれる多数の針を自動的に制御する。また、昨年度開発した自動パンチングマシンを参考にして装置を開発した。ドビーを動作させるためのデータ作成機能は、同じく昨年度開発した自動パンチングマシンの制御用データ作成ソフトに組み込んだ。
織物見本の製作をこの装置で行えば、ドビー紋栓カードの作成も大変容易に行えるため、織物の設計から製造までの時間を大幅に短縮できるようになった。
 

資 料:

実用7−IT活用織物.pdf(約89.29 Kバイト)