研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.44
 

報告書年度:

2015
 

研究種別:

その他
 

テーマ名:

高速液体クロマトグラフ(HPLC)を利用した多孔質材料の多孔性評価(インバースクロマトグラフ法)に関する研究
 

副 題:


 

担当者:

下越技術支援センター 笠原 勝次
下越技術支援センター 皆川 森夫
下越技術支援センター 内藤 隆之
 

抄 録:

水膨潤状態のセルロース材料を固定相として,分子量既知のポリエチレングリコール(PEG)およびポリエチレンオキサイド(PEO)を各サイズの細孔を検出するプローブとして用いて,高速液体クロマトグラフを利用したサイズエクスクルージョンクロマトグラフィー(SEC)を応用して評価を試み,有効性と留意点について検討した。特に,2種類の活性炭について細孔分布を比較して,活性炭の多孔性に有意な差を検出することができた。
 

緒 言:


 

資 料:

h26_5.pdfh26_5.pdf(約478.74 Kバイト)