研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.41
 

報告書年度:

2012
 

研究種別:

上信越公設研ネット
 

テーマ名:

上信越公設研ネット環境対応技術分野交流会報告
 

副 題:

環境負荷とコストの低減を目指すMFCAのすすめ
 

担当者:

(企画管理室)大野 宏、明歩谷 英樹
 

抄 録:

マテリアルフローコスト会計(Material Flow Cost Accounting,以下MFCAと略す)は,製造工程の環境負荷低減とコスト低減の両立を同時に実現するための会計手法である1)。これは,企業の生産工程において投入された資源(原材料・設備・エネルギー・人員配備など)が最終的にどのようになったかを数値化「見える化」する手法で,経営管理の面からも注目されている。
群馬県,長野県,新潟県の工業系公設試験研究機関と(独)産業技術総合研究所は,6年前に「上信越公設研ネット」を立ち上げ技術的な交流をすすめているが,その中の環境対応技術分野交流会でMFCAの啓蒙普及に取り組んでいる。ここではその活動について報告する。
 

緒 言:


 

資 料:

調13 上信越公設研ネット環境対応技術分野交流会報告.pdf(約332.24 Kバイト)