研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.42
 

報告書年度:

2013
 

研究種別:

ものづくり技術連携活性化事業
 

テーマ名:

電力変換研究会報告
 

副 題:


 

担当者:

研究開発センター 五十嵐 晃 小林 豊
県央技術支援センター 中川 昌幸
上越技術支援センター 馬場 大輔
 

抄 録:

東日本大震災を経験した日本において,エネルギー,特に電力の有効活用が急務となっている。それには,太陽光や風力等再生可能エネルギーで発電した電力をいかに効率良く,使用できる電力に変換するかが重要となる。そこに必要な技術が,「電力変換技術」である。電力変換とは,直流から交流への変換および交流から直流等への変換動作を指し,別名:パワーエレクトロニクス(以下パワエレ)と言われる。電力変換は,電気で駆動する機器にはいずれにおいても必要な技術であり,応用範囲は広い。
本研究会は,このように応用範囲が非常に大きく,今後,その重要性がますます高まっている,電力変換関連市場への参入を目指す,県内中小製造業を対象としている。
そこで本報告では,電力変換について,その技術動向,市場動向を示し,さらに(株)東芝の新型Li イオン電池のSCiB を利用した試作開発について示しながら,電力変換技術をメインで扱う機器を製造するメーカおよび電力変換技術を機器の一構成要素として扱うユーザの両者の面からの課題抽出を行っている。
 

緒 言:


 

資 料:

27_H24報告書(調査2).pdf(約267.55 Kバイト)