研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.28
 

報告書年度:

1999
 

研究種別:

実用研究
 

テーマ名:

放電プラズマ焼結に関する研究
 

副 題:


 

担当者:

紫竹 耕司(下越技術支援センター)
田辺 寛(下越技術支援センター)
 

抄 録:

放電プラズマ焼結機を用いて、異種材料の接合について検討を行った。また、接合に対して必要となる要素的な研究として、純チタンの焼結及び粒径の異なるタングステン合金の焼結を行った。
 

緒 言:

チタンは比強度(引張強さ/比重の比)が高く、優れた耐食性を有しており、航空用材料やプラント用耐食材料として利用されてきたが、近年、眼鏡フレームや時計、ゴルフ用品などの民生分野へも使用される範囲が拡大している。また、タングステンを主原料とし、それにニッケルや銅等を少量添加した材料は、通称ヘビーメタルと呼ばれ、高比重、高熱伝導性といった特異な性質を有している。本研究は、放電プラズマ焼結法による、これらの材料の接合を最終的な目標としており、接合に対して必要となる要素研究として、純チタンの焼結及び粒径の異なるタングステン合金の焼結も併せて実施した。
 

資 料: