研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.41
 

報告書年度:

2012
 

研究種別:

ものづくり技術連携活性化
 

テーマ名:

天然素材活用研究会報告
 

副 題:


 

担当者:

(上越技術支援センター)浦井 和彦
(研究開発センター)林 成実
(下越技術支援センター)内山 雅彦
 

抄 録:

本研究会は,天然素材である木材または木質材料を利活用した本県木製品製造業を対象に, 技術の高度化,企業ニーズの把握,企業ニーズに基づく研究会の構築,木材の利活用に関する最新技術動向の調査を目的に活動し,3年目を迎えた。
本年度の活動は,工業材料としての木材利用を図る上で必要な木質材料の利活用に関する最新技術動向について,引き続き調査し,利用技術の中から,「サーモウッド(ThermoWood:加熱処理木材)」および,「WPC(木材プラスチック複合材:wood-polymer composite)」の2テーマについて,研究テーマ提案に向けて,要素技術研究を実施した。また,昨年度に引き続き,関連業界の技術の高度化と技術者育成を目的とした2回の技術講習会を開催したので,ここに報告する。
 

緒 言:


 

資 料:

調9 天然素材活用研究会報告(修正版).pdf(約315.58 Kバイト)