研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.37
 

報告書年度:

2008
 

研究種別:

政策型受託研究
 

テーマ名:

先端加工技術に関する調査研究
 

副 題:


 

担当者:

須藤 貴裕(研究開発センター  )
田村 信 (   〃      )
宮口 孝司(   〃    レーザー。ナノテク研究室)
山田 敏浩(中越技術支援センター)
石井 啓貴(企画管理室     )
 

抄 録:

 本調査研究では,高速主軸やリニアモータの搭載といった工作機械関連の技術動向について調査したほか,県内企業における多軸加工機および複合加工機などの導入状況について調査した。また,先端の切削技術として航空機分野などで使用されるチタン合金や超耐熱合金,複合材料などの難削材の加工技術動向についても調査した。
 

緒 言:

 近年,機械加工は短納期化や加工物の複雑形状化の要求により,さらなる高速・高効率・高精度加工が求められている。これら要求を満たすためには,主軸の高速高剛性化,テーブルの高速移動,精密位置決めなどのほか,ワンチャック加工を実現する多軸化や複合化が必要となる。
 本調査研究では,高速主軸やリニアモータの搭載といった工作機械関連の技術動向について調査したほか,県内企業における多軸加工機および複合加工機などの導入状況について調査した。また,先端の切削技術として航空機分野などで使用されるチタン合金や超耐熱合金,複合材料などの難削材の加工技術動向についても調査した。
 

資 料:

先端加工技術に関する調査研究.pdf(約371.46 Kバイト)