研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.32
 

報告書年度:

2003
 

研究種別:

実用研究
 

テーマ名:

複合素材織物生産基盤強化のためのビームツービームサイジング技術の確立研究
 

副 題:


 

担当者:

西片 實((有)山信織物)
渋谷 恵太(素材応用技術支援センター)
佐藤 清治(〃)
家坂 邦直(〃)
 

抄 録:

複合素材織物へのビームツービームサイジング方式による経糸糊付け技術の確立を目的として、各種複合素材織物を企画・製織し、サイジング糸の品質や製織性の評価をすることにより適切な糊材やサイジング条件等の把握を行った。またそれらをベースとして多くの試作商品開発を行い、更にノウハウを蓄えた。
 

緒 言:

本県の織物製造業の生き残りにおいて、元来得意とする複合素材織物の開発強化により差別化を図ることは必要不可欠な策であるといえる。その複合素材織物製造において経糸のサイジング(糊付け)は生産性、品質、両面に対してカギとなる大変重要な行程として位置づけられている。
 そこで本研究では小ロット、クイックレスポンス、コストダウン等の要素に対し非常に有利であるものの従来単一素材織物生産に利用が限られていたビームツービームサイジング方式について、複合素材織物への対応が可能なサイジング技術を確立させることをその目的とし、各種の試験や評価を行った
 

資 料:

実用8−複合素材織物.pdf(約53.47 Kバイト)