研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.29
 

報告書年度:

2000
 

研究種別:

提案公募型技術開発研究
 

テーマ名:

佐渡島の物質代謝解析と資源循環・環境共生型エコアイランド構想実現化のための環境経済学的考察
 

副 題:


 

担当者:

原田 英樹(長岡技術科学大学 環境システム工学系教授)
大橋 晶良(同助教授)
山田 育弘(同大学院生(修士課程))
 

抄 録:

 佐渡島は沖縄本当に次いで2番目に大きな島であり、1市7町2村からなり、人口7.5万人、面積854kuで産業の中心は農水産業と観光である。佐渡島は閉鎖された離島地域なので物質の移入・移出はもっぱら港湾輸送が主流であり、それゆえ物質の流入・流出の統計データも比較的整っているので物質フローの解析対象として好適である。また、佐渡島のエネルギー需要は島外からの化石エネルギーの輸入に全面的に依存している。すなわち、佐渡島の物質代謝とエネルギー需要の様相は、そのまま、物質、食料、資源、エネルギー等を大きく海外に依存している島国日本の縮図とも見て取れる。そこで本研究では、佐渡島における環境共生・資源循環型の社会システムの構築をめざし、物質・水・エネルギー・廃棄物等に関する代謝構造の把握と、風、バイオマスなどの再生可能エネルギーの導入による離島・佐渡のエネルギー自立型社会への移行の適用可能性について環境経済学的な評価を行った。
 

緒 言:


 

資 料: