研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.44
 

報告書年度:

2015
 

研究種別:

創造的研究
 

テーマ名:

高出力の熱音響エンジンの開発
 

副 題:


 

担当者:

下越技術支援センター 大野 宏
中越技術支援センター 平石 誠
中越技術支援センター 須貝 裕之
素材応用技術支援センター 本多 章作
企画管理室 石井 啓貴
 

抄 録:

管の中に入った細いパイプの束(蓄熱器)の両端に温度差を与えると,気体が不安定になり振動を始め音波が発生する。これは,熱音響現象と呼ばれ,この現象を利用し熱から音波を発生させる装置が熱音響エンジンある。熱音響現象は,古くから知られていたが,熱力学や流体力学の発展とともに,音波が発生する原理が解明され,熱から音波を発生させる熱音響エンジンを利用し,工場の未利用熱や太陽熱を,冷熱や電気に変換して活用する技術の研究開発が盛んになっている。
 本研究では,熱音響エンジンの実用化を目的として,高熱から音波を発生させる熱音響エンジンと,音波から温度差を発生させる装置を製作し評価した。また,熱音響エンジンが熱源から少し離れていても利用できるように熱輸送装置を製作した。さらに,熱音響エンジンをより高出力にする方法について検討した。
 

緒 言:


 

資 料:

h26_6.pdfh26_6.pdf(約691.98 Kバイト)