研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.25
 

報告書年度:

1996
 

研究種別:

実用技術研究
 

テーマ名:

生活用品の新製品開発研究
 

副 題:


 

担当者:

小奈 一雄(デザインセンター)
芳賀 修一(〃)
 

抄 録:

 今年度のテーマである「生活用品の新製品開発研究」、「デザイン情報及びCGによるデザイン高度化研究」、継続事業の「産業デザイン情報構築」をひとつのとしてとらえて、本研究の中でそれぞれを効果的に進めた。
 

緒 言:

 ここ数年、アウトドアブームと言われる中で、数々のメーカーの新規参入や海外メーカーの進出によって市場も成熟化し、このブームも、95年を境に安定化の傾向にあるようです。用品市場の安定化、つまりハード面の充実です。キャンプに行くこと自体がブームであったこれまでと違い、キャンプに行って「何」をするかという時代、つまりソフト面の充実がキーポイントになっています。最近の傾向としては、キャンプに行って本格的な料理を作ったり、芸能人から火がついたルアーまたはフライフィッシング等が注目を浴びています。また、「屋外で楽しむこと自体がアウトドアライフである」といった観点、つまりナチュラルテイスト、アウトドアテイスト的な部分での「ガーデニング」人気も注目に値する。
 これらの背景からアウトドア用品業界に進出のチャンスありと考え、開発すべきテーマをアウトドア関連商品に決定した。
 

資 料: