研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.33
 

報告書年度:

2004
 

研究種別:

先導的戦略研究調査
 

テーマ名:

フロンティア分野におけるミッション遂行型ロボットに関する調査研究
 

副 題:


 

担当者:

山崎 栄一(研究開発センター)
相田 収平(〃)
天城 和哉(〃)
杉井 伸吾(下越技術支援センター)
大野 宏(素材応用技術支援センター)
石川 淳(下越技術支援センター)
須貝 裕之(県央技術支援センター)
平石 誠(下越技術支援センター)
牧野 斉(素材応用技術支援センター)
石井 啓貴(上越技術支援センター)
 

抄 録:

 ロボットの市場、開発動向、関連技術などについてシーズ・ニーズの調査を行った。また、ロボットの要素技術として自律制御に関連するステレオビジョンシステムの試作と、日常生活とは異なるフロンティア分野(極限環境)における潤滑技術について調査を行い、今後産学官で取り組むべき研究開発課題の検討を行った。
 

緒 言:

 昨今、二足歩行ロボットがTVで紹介されたり、家庭内で使う掃除ロボットが大手家電メーカから販売されたりと、ロボットは我々の日常生活に身近なものになりつつある。
 こうした中で、本調査研究では、今後の発展が期待される民生用ロボットや、日常生活とは異なる極限環境においてミッションを遂行するロボットについて、ニーズと開発が必要な要素技術を調査し、新潟県におけるロボット産業の育成に係る研究開発テーマやその方向性、および関連要素技術の県内企業への応用の可能性について調査、検討を行った。
 

資 料:

プレ研2−ロボット.pdf(約107.00 Kバイト)