研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.42
 

報告書年度:

2013
 

研究種別:

小規模研究
 

テーマ名:

MSE 法による鋼の表面物性評価
 

副 題:


 

担当者:

中越技術支援センター 田中 亙、三浦 一真、斎藤 雄治
 

抄 録:

MSE(Micro Slurryjet Erosion)法は, (株)パルメソで開発された表面物性の評価法である。材料表面に微細粒子を投射し摩耗を発生させ, 摩耗進行速度が材料強さに応じて異なることを応用して材料表面の強さを計測する。強さの指標は「摩耗率」という新しい指標で表すことができ,高速に投射された粒子量(g)を分母に, そのとき発生した摩耗深さ(μm)を分子にし, 単位粒子量当りの摩耗深さとして表している。投射力, 粒子量の精密制御や摩耗痕プロファイルの精密測定により薄膜などの極薄い層の評価ができる点が大きな特徴である。そのため, 多層薄膜の各層の摩耗率を計測することで層別の評価をおこなうことができる。
本研究では, このMSE 法で鋼, 銅合金を評価し, 従来からの耐摩耗性の指標である硬さとMSE 法による評価との関係を調べる。両者に相関があれば, 従来は難しかった鋼, 銅合金の極表面層の硬さによる評価と同等な評価法としてMSE 法を適用することができる。
 

緒 言:


 

資 料:

15_H24報告書(ノート6).pdf(約305.16 Kバイト)