研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.28
 

報告書年度:

1999
 

研究種別:

実用研究
 

テーマ名:

油圧製品組立工程の合理化に関する研究
 

副 題:

油圧製品組立工程の自動化
 

担当者:

高野 格(企画管理室)
上野 博(上越技術支援センター)
佐々木 伸男(上越技術支援センター)
中川 晶幸(上越技術支援センター)
 

抄 録:

県内の油圧製品企業をモデルに作業改善を行った。今回、油圧ポンプ組立工程を中心に現状を分析、改善を行い、生産性の向上、改善手法の普及等の成果を上げることができた。将来的に工業全体の利益を上げるためには、機械加工工程などの他部門への水平展開が必要となる。
 

緒 言:

昨今の製造業の国際競争激化により、コスト低減・品質向上の要求が高まり、中小企業を取り巻く環境は、次第に厳しさを増している。これに対応するには、効率が良く、品質の安定した生産体制の確立が必要である。
 本研究は、県内の油圧製品製造企業をモデルに作業改善を行い、実際に生産性を高めるとともに、改善の手法を普及することを目的とする。油圧ポンプ製造工程の現状を分析し、技術改善を行うことにより、コスト低減・短納期化・品質の安定化を図る。
 

資 料: