研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.34
 

報告書年度:

2005
 

研究種別:

地域コンソーシアム型研究受託事業
 

テーマ名:

先端レーザー等を用いた加工技術の研究
 

副 題:


 

担当者:

長谷川 雅人(中越技術支援センター)、
宮口 孝司(    〃      )、 
小林 豊 (    〃      )、
斉藤 雄治(    〃      )、
樋口 智 (    〃      )、
本田 崇 (素材応用技術支援センター)、
田村 信 (県央技術支援センター加茂センター)
 

抄 録:

高エネルギー密度レーザー光であるファイバーレーザーを使ったマグネシウム等各種材料の高速・高精度切断加工および微細加工の可能性の検討を目的として10W-PW(パルス)レーザーと100W-CW(連続波)レーザーの特性調査、切断および穴あけの加工実験を行った。さらに有限要素法を用いて穴あけ加工の熱伝導シミュレーションを行った。
 

緒 言:

近年、小型携帯機器の普及、機能の高度化による部品点数の増加などの理由により高精度微細加工が求められている。本研究ではこれまでの加工用レーザーに比べ、ビーム品質に優れエネルギー密度が高いことから次世代レーザーとして期待されているファイバーレーザーを用いて微細加工技術への応用を検討した。
 

資 料:

先端レーザ等を用いた加工技術の研究.pdf(約1,248.70 Kバイト)