研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.32
 

報告書年度:

2003
 

研究種別:

戦略技術開発研究
 

テーマ名:

高精度三次元レーザ切断加工システムの開発(第3報)
 

副 題:


 

担当者:

丸山 英彰(研究開発センター)
長谷川 雅人(〃)
斉藤 博(〃)
三村 和弘(〃)
田村 信(〃)
 

抄 録:

高精度三次元レーザ切断加工システムを実用化するため、切断線補正データ作成システムの開発を行った。一方、制御システムの変更及び加工機の改造を行い、加工機の運動精度と切断精度の関連を調べると共に切断円間ピッチの収縮量を調べ、切断速度と材質による違いを明らかにした。またワーク固定治具を石膏の注型により迅速に作る方法を開発した。さらに、レーザ変位計を用いた加工機上でのワーク形状計測システムを開発した。これらの開発により、高精度三次元レーザ加工システムの実用化に目途がついた。
 

緒 言:

本研究は平成12年度より、精密プレス成形品のトリミングを、従来のプレス切断からレーザ切断に置き換えるシステムを開発することを目的に実施してきた。昨年度までは主に高精度三次元レーザ加工機の開発を行った。今年度は実用化に近づけるため以下の項目について開発、改造、試験を行った。
1) 切断線補正データ作成システムの開発
2) 制御システムの変更及び加工機の改造
3) 加工機の運動精度と加工精度の測定
4) 切断円間ピッチ精度の測定
5) ワーク固定方法の開発
6) 機上計測方法の開発
 以下項目毎に詳細を記す。
 

資 料:

戦略1−レーザ.pdf(約270.58 Kバイト)