研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.42
 

報告書年度:

2013
 

研究種別:

実用研究
 

テーマ名:

ワイドレンジカメラを使用した三次元形状測定装置の開発
 

副 題:


 

担当者:

下越技術支援センター 大野 宏、須藤 貴裕
 

抄 録:

平成22〜23 年度の事業でニッパの刃付け作業の技能伝承を支援する装置を開発した。この装置は,ニッパの刃の表側の三次元形状を変位センサで測定し,作業者が刃付けをした部分の熟練度を数値にして表示する。作業者はこの値を参考にすることで技能を円滑に習得することができる。一方,県央地区の金属加工業では,製造した金属製品の三次元形状を現場で短時間
に測定したいという要望がある。作業工具を製造している企業では,仕上げを人手で行っているが,その前行程では機械で加工しており,その精度測定に技能伝承支援装置を使えないか,との要望があった。
本研究では,レーザー光とワイドレンジカメラを使用し,金属製品の三次元形状を高速に測定する装置を開発した。市販のセンサと違いレーザー光の画像を直接処理できるため,市販のセンサでは測定が困難だった対象も測定可能となった。
 

緒 言:


 

資 料:

11_H24報告書(ノート2).pdf(約326.36 Kバイト)