研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.32
 

報告書年度:

2003
 

研究種別:

信越スーパーテクノゾーン推進研究
 

テーマ名:

高出力YAGレーザーを用いた溶接技術の研究
 

副 題:

超軽量金属(アルミニウム合金・マグネシウム合金)のレーザー溶接技術に関する研究)
 

担当者:

森山 淳児(長岡技術科学大学)
若狭 裕(潟戟[ザー応用工学センター)
長尾 活雄(〃)
宮川 敏夫(〃)
藤岡 順三(〃)
 

抄 録:

Nd:YAGレーザー(以下YAGレーザー)は、優れたビーム品質を維持しながら高出力化が一段と進み、また光ファイバーを利用できるために加工の自由度が大きく、非常に注目されている。
しかし、高出力YAGレーザーは、ここ数年で著しく進んだために、CO2レーザーを用いた加工技術と比較すると、その特性が十分に理解されておらず、今後の普及のためには、加工技術のデータベース化が急務である。本研究では、YAGレーザー溶接の系統的な技術蓄積のために、昨年度までの軟鋼、ステンレス鋼、純チタン、アルミニウム合金およびマグネシウム合金に引き続き、アルミニウム合金間同一材・異材接合、マグネシウム合金間同一材・異材接合、アルミニウム−マグネシウム合金間異材接合においての最適加工条件データベース化を行った。
 

緒 言:

近年実用合金上最も軽量であるマグネシウム合金の携帯情報機器や輸送機器への適用が進んでいる。
マグネシウム合金は最密六方構造であることから、室温での塑性加工性が著しく劣るため、主にダイカスト法などの鋳物によって作られており、溶接の検討は進んでいない。しかし近年ではプレス加工技術が大きく進展したため、展伸材の利用も進みつつあり、その場合には溶接技術はキーテクノロジーの一つとなる1)。
また大型構造物を作るには、ダイカスト材の溶接も一つの方法であり、そのデータベース化も重要である。
 本研究では、6kW YAGレーザーを用いて、主にアルミニウム合金間同一材・異材接合実験、マグネシウム合金間同一材・異材接合実験、アルミニウムーマグネシウム合金間異材接合実験の3種類の実験を行い、溶接条件(レーザー出力、溶接速度)と溶接状態の関係を調査した。
 

資 料:

信越1−YAGレーザ_.pdf(約19.23 Kバイト)