研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.37
 

報告書年度:

2008
 

研究種別:

企業等技術課題解決型受託研究(ミニ共同研究)
 

テーマ名:

ポリエステル/ポリプロピレン二層構造編地の機能性評価
 

副 題:


 

担当者:

古畑 雅弘(素材応用技術支援センター)
橋詰 史則(   〃        )
 

抄 録:

生地にポリエステル,裏側にポリプロピレンを使用した二層構造編地素材について、接触冷温感試験、拡散乾燥試験、摩擦抵抗試験を行い、その機能性評価について検討した。
 

緒 言:

 快適性に対する意識の高まりから,吸水速乾性素材や軽量保温性素材,ベトツキ感を軽減した素材など様々な機能性素材を用いたインナー,スポーツウェアが開発されている。しかしながら機能性評価法については,JIS等で規格化されている試験も少なく,メーカー独自の基準を定めて評価しているところも多い。
 本研究では,生地の表側にポリエステル,裏側にポリプロピレンを使用した二層構造編地による「汗をかいても快適な素材」の開発を目的に,各種試験方法について調査,検討したので報告する。
 

資 料:

ポリエステル/ポリプロピレン二層構造編地の機能性評価.pdf(約193.32 Kバイト)