研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.36
 

報告書年度:

2007
 

研究種別:

小規模研究
 

テーマ名:

自動絣柄合わせ織機の改良研究
 

副 題:


 

担当者:

松本 好勝(素材応用技術支援センター)
小海 茂美(     〃      )
三村 和弘(     〃      )
 

抄 録:

 
 

緒 言:

 前年度に素材応用技術支援センターで開発した自動絣柄合わせ織機1)は,その後実用性を検証するための試験運転を実際の製造現場において行っている段階にあるが,その結果,より実用的にするための様々な要求項目が上がってきている。
 本装置は作業者がついていなくても自動的に絣織物を織り上げることが可能であるため,作業者は通常この織機を監視しているわけではない。そのため,トラブルが発生した際に織機を適切に止める技術,ならびにトラブルを未然に防ぐ技術が必要になってくる。更に装置堅牢性の向上および動作の高速化が求められている。以上のことを目指し,機能向上のための研究を行ってきた結果について報告する。
 

資 料:

自動絣柄合わせ織機の改良研究.pdf(約44.05 Kバイト)