研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.39
 

報告書年度:

2010
 

研究種別:

競争型受託研究
 

テーマ名:

cBNボールエンドミル工具による鉄系材料の鏡面加工(第2報)
 

副 題:


 

担当者:

(研究開発センター)平石 誠、斎藤 博
(県央技術支援センター)宮口 孝司
(上越技術支援センター)宮口 弘明
(下越技術支援センター)石川 淳
 

抄 録:

焼入鋼の鏡面加工にcBN(立方晶窒化ホウ素)ボールエンドミルによる三次元曲面を適用することを目的として工具の切れ刃にスカイフ盤研磨を施した。潤滑条件を検討した結果,切削油を用いた加工では工具逃げ面に凝着摩耗を生じたが,ドライ加工では凝着が抑制され,切削面粗さは小さくなった。直径1mmの小径ディンプルの加工では,形状偏差および切削面粗さは市販ボールエンドミルを用いた場合と比較して大幅に改善された。
 

緒 言:

成形用金型では,焼入鋼の表面を鏡面に仕上げる必要がある。現在は熟練者の手作業により研磨仕上げを行っているが,作業に長時間を要するうえ,精密微細金型では加工面の精度低下も懸念されることから,仕上げ研磨工程の削減を目的として直彫り鏡面加工技術の確立が望まれている。
cBNはダイヤモンドに次ぐ硬さを有しており,cBN工具により焼入鋼を高能率に切削することが可能である1)2)。特にバインダレスcBN工具は,機械的特性を低下させるバインダを含まないことから,1000℃の高温においても1.5GPaを超える抗折強度を示し3),また,化学的に安定した特性を持っている。このため,鋭利な切れ刃を形成しても充分に使用に耐え得ることが指摘されている4)。
前報5)では,切れ刃をスカイフ盤研磨した工具を用いることにより,焼入鋼の切削面におけるバリの発生が抑制され,表面粗さが改善されることを報告した。本報では,スカイフ盤研磨工具を用いて平面加工した場合の潤滑条件が切削面粗さにおよぼす影響について調べ,得られた加工条件をもとに三次元微細形状加工を行った結果について報告する。
 

資 料:

06H21cBNエンドミル工具による鏡面加工.pdf(約937.88 Kバイト)