研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.45
 

報告書年度:

2016
 

研究種別:

実用研究
 

テーマ名:

低温排熱用スターリングエンジンの理論的側面からの理解と実現可能性に関する検討
 

副 題:


 

担当者:

中越技術支援センター 須貝 裕之
 

抄 録:

工場などから排出される低温排熱を利用して
電気エネルギーを作り出す低温排熱用スターリ
ングエンジンは,低炭素社会の実現に貢献する
技術であり,県内企業においても実用化に向け
て開発が進められている。スターリングエンジ
ンは内部の作動ガスの熱力学的変化を利用して
動作する。従って出力向上には運転中の作動ガ
スを最も効率の良い状態に近づけることが重要
となる。そこで本研究では,最初に開発中のス
ターリングエンジンについて熱力学や伝熱工学
などの理論的側面から検討し,理想的な運転状
態とそのときの理論的な出力について検討する。
次に,運転中のエンジンの内部状態を実測する
実験装置を作成し,理論からの乖離を調べ,装
置性能向上の方向性を明らかにする。
 

緒 言:


 

資 料:

h27_18.pdfh27_18.pdf(約337.42 Kバイト)