研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.39
 

報告書年度:

2010
 

研究種別:

競争型委託研究
 

テーマ名:

マグネシウム合金の複雑形状プレス加工技術の開発
 

副 題:


 

担当者:

(研究開発センター)本田 崇、杉井 伸吾
(下越技術支援センター)山崎 栄一
 

抄 録:

マグネシウム合金は軽量で比強度が高いことから,その板材をプレス加工により複雑な形状に成形することで,これまでにない付加価値の高い製品を得られる可能性がある。本研究ではマグネシウム合金の複雑形状プレス成形として,板材に複数の三角錐台形状を有するテトラボードを対象にシミュレーションを用いて成形工程を検討した。実際に成形可能であることを試作により確認し,本手法による工程設計の有効性を示した。また,ブロー成形による加工に比べ,加工時間の大幅な短縮と板厚分布の均一化を達成することができた。
 

緒 言:

現在,航空機や鉄道車両の床材などの軽量構造部材として,大きな曲げ剛性をもつハニカムパネルが広く用いられている。しかし,せん断変形・面内圧縮に対する強度不足や,火災時に表面材との接着剤が燃焼する危険性が指摘されている。そこで,テトラボードを組み合わせることでハニカムパネルと同程度の曲げ剛性,高いせん断強度・面内圧縮特性を持たせたトラスコアパネルが,表面材が不要な軽量構造部材として着目されている1)2)。本研究では軽量で比強度が高いマグネシウム合金(以下Mg合金)を用いたテトラボードの製作を行ったので報告する。
 

資 料:

01H21Mg複雑形状プレス加工技術.pdf(約1,911.58 Kバイト)