研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.26
 

報告書年度:

1997
 

研究種別:

実用技術研究
 

テーマ名:

放電プラズマ焼結に関する研究
 

副 題:


 

担当者:

杉井 伸吾(下越技術支援センター)
土田 知宏(〃)
田辺 寛(〃)
 

抄 録:

 放電プラズマ焼結法によりタングステン基合金の焼結を試み、焼結条件と焼結品の密度の関係を調べた。また、焼結品の形状および焼結に要する時間を普通焼結品と比較した。
 

緒 言:

 現在、高機能素材の開発等の目的で、粉体の放電プラズマ焼結法(以下SPS法)が注目されている。このSPS法により、タングステン基合金の焼結を行い、温度、圧力、時間などの焼結条件と焼結品の特性の基礎的な関係を調べるとともに、焼結品の形状精度と焼結時間について普通焼結品と比較を行った結果を報告する。
 

資 料: