研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.26
 

報告書年度:

1997
 

研究種別:

戦略技術開発研究
 

テーマ名:

まいご老人保護システムの開発(第1報)
 

副 題:

まいご老人移動局の製作と評価
 

担当者:

五十嵐 晃(研究開発センター)
真柄 賢太郎(〃)
野中 敏(〃)
大野 宏(〃)
 

抄 録:

 痴呆症を持った徘徊老人の位置を探索するシステムである「まいご老人保護システム」のうち、老人の身に付ける、GPS(Global Positioning System全世界測位システム)とPHS(Personal Handyphone System簡易型携帯電話)を組み合わせた「まいご老人移動局」の製作およびその評価を行ったので報告する。
 

緒 言:

 わが国においては、全人口のうち、65歳以上の人が占める割合は高く、今後いっそう高齢化が進むため、福祉・医療機器産業が今後の有望産業とみなされている。当県においても、福祉分野に先端技術を導入した開発事例を示すことで、県内産業の福祉分野への参入意欲を喚起し、福祉機器産業を創出するため、「まいご老人保護システム」の開発に着手した。これは、痴呆性徘徊老人の携帯するGPS(Global Positioning System全世界測位システム)のデータをPHS(Personal Handyphone System簡易型携帯電話)を介して家庭のパソコンに送り、老人の位置を地図上に表示するもので、徘徊中の事故を防ぎ、介護家族の負担を減らすことができる。
 本報告では、徘徊癖のある老人の身につけてもらうことのできる「まいご老人移動局」の製作とその評価について述べる。
 

資 料: