研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.30
 

報告書年度:

2001
 

研究種別:

戦略技術開発研究
 

テーマ名:

日本海側気候に対応した住環境維持管理システムの研究(第3報)
 

副 題:

放射熱交換を利用した冷暖房システムの開発
 

担当者:

湯田 敏秀(研究開発センター)
田中 亙(〃)
内山 雅彦(〃)
三村 和弘(〃)
 

抄 録:

1)天井大面積吹出し、2)放射と対流の併用型、3)天井が放射面などを特徴とし熱源に壁掛型エアコンを使用した放射冷暖房システムの開発を行った。これを実験用住宅に設置して夏季、冬季に運転しデータ収集を行い評価した。
 このシステムを設置した室は、同機種のエアコンによる従来の冷暖房(対流冷暖房)を行った室に較べPMV、上下温度分布、ドラフトなどの点でより均一で穏やかな温熱環境であり本冷暖房システムの有効性を示す結果を得た。
 

緒 言:

 現在、家庭用冷暖房は対流式が主流である。しかし、多くの人がこの方法で得られる温熱環境を快適性の観点で物足りないと感じている。特に冷房の場合、吹出す冷気の温度は望まれる室温よりもはるかに低くその冷気に直接、長時間触れると不快に感じる。
 このような点を改善するため放射熱交換を利用したより快適な冷暖房方法を開発し、実験用住宅においてその冷暖房方法による温熱環境を夏季、冬季において評価した。

 

資 料:

戦略1−日本海住環境.pdf(約669.07 Kバイト)