研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.25
 

報告書年度:

1996
 

研究種別:

共同研究
 

テーマ名:

テンセル糸の高次風合い加工技術の研究
 

副 題:


 

担当者:

笠原 勝次(素材応用技術支援センター)
柄沢 武(研究開発センター)
酒井 信治(椛蝓キ興産)
佐々木 博昭(新潟県立女子短期大学 生活学科)
 

抄 録:

 従来、製布後の加工が必要不可欠であったセルロース繊維「テンセル」に対して、糸の状態で処理することによって後加工を不要にする加工方法を開発した。この加工方法において試験生産を行うためのテストプラントの作成に必要な基礎データの収集、および本加工方法による製品の諸性能のついてのデータの収集を行った。
 

緒 言:

 近年、カジュアル部門を中心にセルロース系人造繊維が見直されてきている。その火付け役ともなった英コートルズ社の「テンセル」は、製布後に揉み、叩きによる「風合い出し」の加工を行うことで独特の風合いを生み出すことで知られている。この酵素(セルラーゼ)を併用した揉み、叩き加工(バイオ加工)は風合いの向上だけでなく、テンセルの特徴であり、欠点でもある「フィブリル化」によるピリングの発生や消費者の手にわたってからの風合い変化を防ぐ改質加工の一面もあるため、必要不可欠な処理といえる。しかしながら、「バイオ加工」は基本的に激しい揉み、叩きを行うことによって促進するため、素材の形態は高密度の繊維や目の詰まった編物に限られており、商品の展開が限られていた。そこで、筆者らは1960年代にG.Jaymeによって開発された酒石酸鉄(V)ナトリウム溶液(EWNN溶液)を用いて、糸の状態で処理することにより、製布後の揉み、叩き加工を不要にする処理方法を平成6年度の小規模研究で開発した。今回筆者らはその処理方法を用いて試験生産と商品化向けたデータの収集を行ったので、ここに報告する。
 

資 料: