研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.41
 

報告書年度:

2012
 

研究種別:

創造的研究推進費研究課題
 

テーマ名:

木材の新たな利用分野を開拓するためのプレス加工技術の開発
 

副 題:


 

担当者:

(下越技術支援センター)内山 雅彦
 

抄 録:

高い成形性と加工時間の短縮化を併せ持った木材の塑性加工法を開発するために,アクリル系樹脂と木材との複合体である含浸型WPCを使用し,含浸された樹脂の熱可塑性を利用した加熱成形技術の研究を行った。成形方法は加熱パンチによる3点曲げ法と,木材では例の少ないカール加工法で行ない,特にカール加工において小径曲げ加工への有用性が確認できた。また,この条件をもとに,実用化を見据えたカール曲げ加工装置を試作し製品レベルでの試験を行った結果,高い成形性と加工時間の短縮化などが確認できた一方で,実用化に対するいくつかの問題が明らかになった。
 

緒 言:


 

資 料:

論5 木材の新たな利用分野を開拓するためのプレス加工技術の開発.pdf(約550.85 Kバイト)