研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.42
 

報告書年度:

2013
 

研究種別:

ものづくり技術連携活性化事業
 

テーマ名:

エネルギーハーベスティング技術研究会報告
 

副 題:


 

担当者:

下越技術支援センター 星野 公明、阿部 淑人、大野 宏
中越技術支援センター 石井 啓貴
 

抄 録:

エネルギーハーベスティング技術とは別名「環境発電」とも呼ばれ,周りの環境(光,熱,振動,電波など)から未利用エネルギーを収穫(ハーベスト)して電力に変換する技術である。
発電量はμW〜Wレベルだが,電池や配線の代替えとして国内外で研究開発や製品開発が進められている。特に,近い将来,様々なモノやセンサがネットワークに繋がる「モノのインターネット化」が進むことが予想され,その独立電源としてエネルギーハーベスティング技術の利用に期待が高まっている。
このような背景の中,県内企業がエネルギーハーベスティング技術を活用した高付加価値製品の開発に繋げる方策を検討するため当事業を開始した。まずは情報提供するためセミナー形式の研究会を開催するとともに,県外の研究機関や企業におけるの開発状況,県内企業の動向やニーズなど要素技術や市場状況の調査を行い,県内企業における技術開発の可能性と,県が取り組むべき課題について検討を行った。
 

緒 言:


 

資 料:

28_H24報告書(調査3).pdf(約312.41 Kバイト)