研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.32
 

報告書年度:

2003
 

研究種別:

共同研究
 

テーマ名:

活性白土製造後の廃酸の利用に関する研究(第1報)
 

副 題:

硫化水素等、有害物質除去剤への展開
 

担当者:

鈴木 一彦(水澤化学工業株式会社)
溝口 保夫(〃)
渡辺 博文(〃)
渡邉 健次郎(研究開発センター)
久保田 順一(〃)
内山 雅彦(〃)
山田 昭博(〃)
 

抄 録:

活性白土製造工程より発生する酸廃棄物(廃酸)の有効利用を目的として、金属分を含む廃酸を中和・凝集沈殿処理などを行い水和含鉄アルミニウムが調製されている。水和含鉄アルミニウムは主に水処理剤として使われているが、有害物質吸着剤、特に硫化水素の吸着剤注)としても優れた能力を有している。そのため本研究では水和含鉄アルミニウムの吸着剤としての応用について検討した。水和含鉄アルミニウムを用いた硫化水素発生現場における実証試験では著しい周辺環境の改善が認められた。また速度論的解析により、水和含鉄アルミニウムによる硫化水素吸着のメカニズムを推定できた。さらに水和含鉄アルミニウムはアンモニア吸着能力を有していることが明らかとなった。
 

緒 言:

 水澤化学工業(株)では新潟県北部より産出する酸性白土を原料にして活性白土を製造している。活性白土は酸性白土を硫酸処理することで製造されるが、その工程より排出される酸廃棄物(廃酸)は浄水用の凝集沈殿剤として利用するとともに、吸着剤などの製造原料としても用いているが、一部は中和処理等を行った後固形分を埋め立て処理しており、廃棄物の削減を進める上から更なる再利用開発が求められている。廃酸を中和・凝集沈殿処理等することにより得られる水和含鉄アルミニウム(以後アルフェマイトと略す)はアルミ、鉄などの金属分を含むとともに、比表面積も比較的大きい。このため、各種吸着剤への展開の可能性が考えられ、アルフェマイトの硫化水素等有害物質除去剤への適用について、現在までに行った研究について報告する。
 

資 料:

共同1−活性白土.pdf(約128.58 Kバイト)