研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.38
 

報告書年度:

2009
 

研究種別:

ものづくり技術連携活性化事業
 

テーマ名:

熱処理技術に関する調査
 

副 題:


 

担当者:

浦井 和彦(県央技術支援センター)
伊関 陽一郎(県央技術支援センター)
皆川 要(県央技術支援センター)
高橋 靖(県央技術支援センター)
佐藤 亨(県央技術支援センター)
中部 昇(県央技術支援センター)
岡田 英樹(県央技術支援センター)
三浦 一真(研究開発センター)
桂澤 豊(下越技術支援センター)
山田 敏浩(中越技術支援センター)
堀 祐爾(県央技術支援センター)
 

抄 録:

熱処理をキーワードとしたセミナーを複数回開催した。県内の熱処理業および熱処理利用企業からのヒアリング、また県外企業の情報収集により、県内企業の技術力向上・製品開発につながるような研究テーマについて検討を行った。
 

緒 言:

自動車や工作機械,家電から身の回りにある刃物まで多くの工業製品が熱処理工程を経て最終製品化されており,熱処理技術はものづくりにおける重要な基盤技術の一つとなっている。最近の各種機械の高性能化及び自動化などから,部品の軽量・高強度・高精度化や,金型の高寿命・低歪化,処理コスト低減等が求められ,さらなる技術の高度化が必要とされている。また,産業のグローバル化に伴い,海外進出に関わる問題や海外企業との価格競争にさらされている。本事業では,これからの熱処理に関する技術的課題を検討し,県内企業の技術力向上・製品開発につながるような研究テーマの探索を目的として各種調査を行った。あわせて地元企業への情報提供と,熱処理をキーワードとした事業に対する機運醸成のために講習会などを行った。
 

資 料:

熱処理技術に関する調査.pdf(約315.78 Kバイト)