研 究 報 告 書

報告書名:

工業技術研究報告書
 

報告書番号:

No.31
 

報告書年度:

2002
 

研究種別:

実用研究
 

テーマ名:

交流パレスMIG溶接機のステンレスへの応用試験
 

副 題:


 

担当者:

田宮 宏一(下越支援センター)
鈴木 正幸(〃)
石川 淳(〃)
 

抄 録:

交流パルスMIG溶接機を用いて、ステンレス薄板(1〜3mm)の溶接試験を行った。ビードオン溶接、突き合わせ溶接試験により溶接条件の把握を行い応用試験として重ねスミ肉溶接試験を行った結果、2mmのギャップまでの溶接が可能な条件が得られた。
 

緒 言:

世界的な環境問題対策の一環として、自動車産業を中心に各種構造物や部品の軽量化が進んでいる。ステンレス製の鉄道車両においても軽量化のための薄板化が図られている。しかし、溶接組立を基本とする車両製作においては薄板化に伴い、ひずみや熱影響の問題が大きくなり、溶接品質の確保、維持が重要となってきている。
 そこで母材への溶け込みを制御でき、溶接の溶け落ち防止や大ギャップへの対応可能という点でアルミニウムの薄板溶接で使用されている交流パルスMIG溶接について、ステンレス薄板に対する適応性の評価と加工データの収集を行った。
 

資 料:

実用2−交流パルスMIG.PDF(約228.07 Kバイト)